上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちゃわん

 反射的に動いてしまった手の先に、大好きなお茶碗が…

 3月にお引越しで遠くに行ってしまった友だちと、
5人の仲間で一緒に絵付けをしたお茶碗でした。

 本人はショックのあまり、しばらく呆然とした後、

   涙…

 以前、私が割ったコーヒーカップを
「+bell.」のharafumiさんの知人にお願いして
直して(きんつぎというのでしょうか?)もらったことを覚えていて、

 「なおしてもらって~ 捨てないで~(涙)」と訴えていました。

 形あるものはいつかは壊れてしまうのですが、
毎日使って愛着もあり、思い出のあるものなので
別れがたいようです。
 

 私も参加している「+bell.」のイベント情報はこちらです。よろしくお願いします。

   ポチッと応援→広島ブログお願いします。
スポンサーサイト

Comment

修復の可能性が
hare nicoさん
ただいま、山口から帰ってきました。
確かに形あるものは、いつかは壊れます。
金継ぎ、ご存知なのですね。びっくりしました。
破片が全て残っていれば、先ずは陶磁器用の瞬間接着剤で修復可能と思います。
それよりも、なによりも茶碗に対する
hare nicoさんの思いに心動かされました。
幸せな茶碗です。
童心庵さま
 お孫さんたちとの時間は
楽しかったことと思います。

 お茶碗のこと、ありがとうございます。
思い出の詰まったものだけに、ショックも
大きかったようです。
 どうするか、よく相談してみます。

そんなことがあったのですね。。。

たんたん、ショックだったでしょうね。
修復できるといいですね!
Risuzaruさま
 そうなんです(涙)
私も大ショックでした~

 とりあえず、かけらを包んで
目の届かないところにこっそり片付けています。

 ちょっと様子をみて、
話し合おうと思っています。

Post Comment


 
管理者にだけ表示を許可する

 

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。