上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時計

私のお父さんのお父さんが、昔住んでいた家を解体することになった。

 父が幼いころに亡くなった祖父。
父の記憶にも残っていない祖父。

 当時、同居していた父の兄も他界し、
「家を壊すので、なにか持って帰っていいよ。」
との言葉に、廊下に掛けてあった時計を持って帰った。

 敷地の真ん中に中庭があり、庭に面して廊下があり、
その廊下に長年放置されて、止まっていた時計。

 修理をしてもらい、再び動くようになった。

 ねじの巻き忘れで、時々とまっているけど、
私も逢ったことがない「おじいちゃん」の時計。

 愛息たんたんに受け継いでもらいたい。


   ポチッと応援→広島ブログお願いします。
スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。